スーツを注文しよう|自分だけのオーダースーツ【豊富なデザインから選ぼう】

大阪でオーダースーツを手に入れる~目的や予算を考えよう~

大阪にもある!オーダースーツの専門店

オーダースーツと言っても、顧客の全身を採寸して型紙を作り、生地を裁断して、と全ての作業を最初から行う「フルオーダー」から、既にある型紙を基本にして作られたパターンを組み合わせて好みの一着を作る「パターンオーダー」まで、目的や予算によって注文の幅は広がります。特に、東京や大阪と言った都市部にはどちらも扱える専門店も少なくなく、また店舗や職人によって得意とするシルエットも異なる為、自分に合った店を探すのもスーツ作りの楽しさでしょう。

スーツを注文しよう

スーツ

オーダーできるスーツの種類

フルオーダーにするのか、パターンオーダーにするのか、はたまた職人の技量や、その店が扱うシルエットなどでも変わってきますが、基本的にはオーダースーツの種類に制限はありません。なぜなら、例えば伝統的なブリティッシュ・スタイルのスーツを作るにしても、着心地の良さを重視したナポリ・スタイルのスーツを作る場合でも、生地の種類や衿(ラペル)の形状、ボタンの材質にポケットの種類など、個々人の好みに合わせたオーダーの組合せは無限にあり、やがて完成する一着はまさしく「世界中で唯一の服」になるからです。ジャケットはシングルにするのかダブルにするのか、ベストの有無、裏地の素材など、こだわりを詰め込めることがオーダースーツの醍醐味です。

注文から完成までの流れ

スーツをオーダーする場合、フルオーダーでもパターンオーダーでも、基本的にはまず「生地」を選びます。そして同時に、ここでおおよその値段が決まります。海外製の高級生地を選ぶのか、国内で開発された機能性豊かな化繊系の生地にするのかなど、選択肢は店によっても変わります。次にシルエットを決めます。これは「スーツの特徴」そのものであり、例えばブリティッシュ・スタイルであればウェストを絞って肩と胸のラインを強調し、男性らしいシルエットを作ります。加えて、細部の形状や素材も決めます。その後はフルオーダーであれば全身を採寸し、パターンオーダーであれば見本用の服を使ってサイズを決めます。フルオーダーの場合はそこから試着を重ねてより精密なスーツに仕立てますが、パターンオーダーならば後は完成を待つだけです。

注文の際の注意点

オーダースーツを注文する際、よほどスーツに詳しい人でない限りは、まずどういう目的でスーツを作り、いつ・どこで・誰と過ごす為に着るのか、また予算などを、全て正直に職人や担当者へ伝えることが肝要です。本当にきちんとした仕立て職人や店であれば、スーツの初心者が陥りがちな間違いや失敗を事前に教えて防いでくれますし、そもそも「スーツ作りの初心者である」と言う理由で顧客を笑ったり、作業に手を抜いたりすることはありません。むしろ、オーダースーツを依頼しようとした際に、ほんの僅かでも担当者の対応などに違和感を抱いた場合は、少なくともオーダースーツの注文に慣れるまでは、その店を避けた方が賢明です。

1着あたりの平均価格をチェック

オーダースーツの注文にかかる費用は、フルオーダーであれば職人によってバラバラです。ましてや、そもそも使う生地やスーツの目的によって金額が大きく変わる為に、平均を出すことが難しいですし、あまり意味もありません。しかし、パターンオーダーに関して言えば、生地の値段こそ差がありますが、スーツそのものの制作費やオプション費用にはある程度の相場が存在します。そしてこれは、特に東京や大阪と言った都市部で見られる全国チェーンのスーツ専門店などに於いて顕著です。実際、安価な生地を使えば3万~5万円前後でスーツを作ることも可能でしょう。また、フルオーダーとパターンオーダーの中間に位置するような「イージーオーダー」と言う注文方法を取っている店もありますが、これもパターンオーダーに5万~15万円をプラスする程度が一般的になっています。